読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父親

16歳の時に祖父の事業が傾いて働き出したらしい

祖母は働くことはなかったらしい

 

私の見る限り、父も自分の感情をうまく理解できていないように思う

親の面倒を見ることについて固執し過ぎていた